早めに医療機関を受診する

男性

自立支援医療を利用したい

うつ病は結婚や転職、進学などで大きく環境が変化したり、人間関係や仕事、家庭内のストレスなどが原因で発症したりする病気です。憂鬱な気分が2週間以上続いたり、好きな食べ物を食べてもおいしいと感じなくなったり、趣味や娯楽などに関心を持てなくなります。不眠や頭痛、生理不順、胃腸の不調などの体の変化が見られることもあります。うつ病が疑われる時は、早めに精神神経科の病院やクリニック、心療内科などを受診して、医師の診察を受ける必要があります。病院やクリニックでは問診などを行っているため、うつ病チェックができます。複数の項目が当てはまっている場合は病気の疑いがあります。病院やクリニックでは丁寧なカウンセリングや診察が受けられるので、医師が総合的にチェックをしてから病気が診断されることが多いです。うつ病は早期で発見して、適切な治療を受けたり、十分な休息や休養を取ったりすることで回復する病気です。人によって多少は症状の違いもありますが、心身の不調を感じている人はうつ病チェックを受けて下さい。精神神経科の病院やクリニックは、清潔で落ち着いた雰囲気の室内になっており、リラックスして診療が受けられる環境が整っています。まずは気軽に受診しましょう。うつ病は誰でも罹る可能性のある精神疾患のひとつですが、女性のほうが環境が変化することが多いため、やや多い傾向があります。精神神経科の病院やクリニックで、問診やカウンセリングなどでうつ病チェックを受けたら、病気が診断されることが多いです。うつ病チェックを受けてから、病気が診断されると不安を感じている人が多く、治療の費用がどれぐらい必要なのか知っておきたい人が多いです。症状が重い場合は病院で入院治療を受ける必要がありますが、健康保険証が利用できるので、高額な費用は必要がないので安心して下さい。うつ病は必ずしも入院が必要ではなく、通院による治療が可能になっています。病気の治療に必要な抗うつ剤や抗不安薬、睡眠導入剤は健康保険が利用できます。服用している薬の数によっても費用が違ってきます。うつ病が診断されると自立支援医療が受けられるので、役場や市役所の窓口で相談をしてみると良いでしょう。申請をするためには医師の診断書や同意書、申請書の提出が必要ですが、受理されると医療費の負担が1割になるので、経済的な負担を減らすことができます。病院やクリニックで病気が診断されると、医療費がかさむと悩んでいる人が多いですが、国の制度を上手に活用して下さい。