無気力感は病気のサイン

カウンセリング

協力が早期発見のカギ

何だか気分が冴えない、そう感じたらうつ病のサインかもしれません。ストレス社会を生き抜くには、強い精神が必要です。しかし、その精神が持てるかというのは別の話であり、まずいと感じた時のケアも考えないといけません。もしも、次のような症状が目立つようになったら、精神科の受診を考える方がいいでしょう。無理をすれば、生活全部が台無しになることもあります。うつ病の症状は無気力感がきっかけになることが多いです。初めは軽いですが、日が経つにつれて活動が億劫になるなど徐々に悪化します。偏頭痛や不眠など、肉体的な症状が出ることもあります。放っておくと一日中ぼーっとしているとこまで悪化してしまうため、可能性に気づいたら病院でチェックを受けることが必要です。近年になって問題視され始めた気付きにくいうつ病というのもあります。仮面うつ病が代表的で、患った本人は見た目ではいたって元気なのが特徴です。これを患った人は原因不明の身体的症状に悩んでいることが多く、精神科のチェックで罹患が判明するのが大半です。この気付きにくいタイプは「新型うつ病」と呼ばれ、一層の注意換気がなされています。無気力感と原因不明の身体異常、この特徴を覚えておいて、手遅れになる前に治療に乗り出しましょう。本人には悪気がなくても、うつ病を患った人の暗さは周囲にも影響を与えます。「元気出せ」と言いたくもなりますが、うつ病の人にとっては逆効果です。実は、励ましは元気づけるとは逆で多大なプレッシャーを与えてしまいます。自分が暗いせいで周囲に迷惑がかかっていることを、強く認識してしまうためです。励ましによって無理をするようになれば、症状の悪化に繋がってしまいます。うつ病の人と話す時は、基本的に健常者と同じやり方で大丈夫です。ただし、本人の気分や症状についての言及や、会話の無理強いなど負担がかかることは控えましょう。意識を症状から遠ざけてあげれば、本人は回復に近づきます。未然でもうつ病の可能性がある人を発見することもあるでしょう。その場合も、前述の接し方を心がけます。本人に自覚がないなら、チェックの催促をするのも気遣いです。気分悪そうだけど病院へ行ったら、などそれとなくチェック受診を促してあげましょう。自覚がない場合、周囲が教えなければ本人は治療を受けないこともあります。とくに気付きにくいうつ病の場合は、周囲が気づくことが早期発見に繋がります。社会全体の問題である以上、絶対に大丈夫な人がいるとは必ずしもなりません。周りと協力して立ち向かうことが必要と言えます。